お金がない時はもやしと水に助けられた

私は学生時代の時に一人暮らしをしていたのですが、よくお金に困っていました。アルバイトをしていたので、ある程度の収入がありましたが、生活は厳しかったです。試験でアルバイトに行ける日数が減ってしまった時は、食材を買うことも厳しかったです。その時に重宝したのがもやしです。もやしはどこのスーパーでも安く売っているので、とても助かりました。もやしを3袋くらい買ってきて、夕食の時に一気に炒めました。当時はまともな食生活を送っていなかったので、食べるのは昼と夜くらいでした。お金がない時は昼を食べることはできず、夜一食でした。もやしを3袋一気に食べると、ものすごくお腹一杯になります。あとは水で過ごしました。人間水さえあれば生きていけるというのは本当です。水をたくさん飲めば、お腹もふくれるので、水のペットボトルは常備していました。お金がない時はとにかくもやしと水に助けられました。今は結婚していますが、私がたまに手料理を奮う時は、学生時代のもやし炒めを作ります。意外と美味しいと言われます。学生時代の貧乏時代を経験したので、お金に苦しい時があってもやっていける自信はあります。とても貴重な経験だったと思っています。即日キャッシング 銀行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です