イスラム教徒の保護者、「ハラール対応」ではない学校給食に苦慮、いったいどうするべきか?

静岡県浜松市で開かれた静岡文化芸術大主催の多文化子ども教育フォーラムで子どもを学校へ通わせているイスラム教徒の保護者が講演を行い、「ハラール」対応でない学校給食に苦言を呈し、「柔軟な対応を検討してほしい」と理解を求めました。

このニュースのネットの反応はさまざまで、「一定の配慮が必要」という意見もあれば「郷に入っては郷に従え」という意見、中には「イスラム教徒がまず柔軟に対応しろ」という声も多く波紋を呼んでいます。今の日本でハラール対応の給食を出す学校は福岡県の私立学校などほんの一部で、ほとんどのイスラム教徒の保護者は子どもに「豚肉を食べないように」指導し、必要に応じて弁当を持参させているそうです。 ハラールとはイスラム教徒が食べられるように豚肉などを除いた食事のことですが、少数のイスラム教徒のために学校給食をハラール対応にするとなればコストがかかり難しい問題です。

また、学校や職場でのお祈りや断食、女性が頭にかぶる「ヒジャブ」を禁止された例や、侮蔑の言葉を投げかけられるなどの例もあったそうです。露骨な差別は論外で、異なる宗教への理解と一定の配慮は必要だと思います。しかし、一部の人の要求をどこまで社会がコストを払って実現すべきなのでしょうか? ハラールには一般に調理された食べ物とは分けて保管したりなど厳しい決まり事が多く、ハラール食を提供する飲食店や苦慮しているそうです。

「ここは日本だ、嫌なら出て行け!」とまで言うつもりはありませんが、イスラム教徒のほうも日本の事情に理解を示し柔軟な対応をするべきではないでしょうか。学校が弁当持参を認めているならそれでいいと思います。イスラム教徒の人たちには自分の要求が全て通るわけではないことを理解して欲しいです。プロミス 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です