インドネシアでの高速鉄道受注

前々から進めてきたインドネシアでの高速鉄道受注についに結果が出ました。日本と中国で争ってきた今回の受注は、双方にそれぞれメリットが存在し、簡単には決めれないインドネシア政府の葛藤が見て取れました。それでも最終的には日本が勝利するとばかりに思っていました。ところがである。まさかの敗北。どうやら、中国側の破格の返済条件が大きな要因となったようです。また、完成までにかかる期間も大きなポイントのようで、日本より早く完成させることのできる中国案はインドネシアの現政権にとっては魅力的に映ったに違いありません。というのも、やはり自分の任期中に大きな結果を残したいからです。中国側はそのあたりのことも踏まえたうえでの戦略だったような気がしてなりません。日本案のメリットは何といっても技術上の安全と、正確な工期だということに凝縮されていると思いますが、まだまだ発展途上のインドネシアにとっては技術うんぬんよりも早さ、費用、返済にこそ最も大きなメリットがあったのでしょう。以前、あるテレビ番組でアフリカ系の一般出演者の方が「技術があり、正確で安全な日本製のモーターボートと、後ろに進む安い中国製なら、中国製を買うよ」という発言をしていたのを思い出しました。途上国の方たちとのビジネスを考えるうえでは日本にとって優先順位の高いものはあまり評価されないのかもしれませんね。三井住友銀行カードローンの審査基準!審査に通る必勝法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です