受動喫煙防止策の化策の検討について

私は普段たばこを吸っています。喫煙者です。最近ニュースで日本政府が受動喫煙防止にかんして乗り出し喫煙の制限を設けようとしていることを知りました。私個人といたしましてはたばこは好きですし、例えば居酒屋でお酒を飲みながらたばこを吸うことが好きです。そんな中、ルールを守らない人たちによって非喫煙者に対して受動喫煙の被害を与えていることも確かです。また、自分の家だからといてベランダでたばこを吸っているのを見かけます。自分も過去はそうでした。しかし、吸っている場所は自分の家のベランダでも、たばこから出る煙は空気中を漂い、近隣の方々に迷惑をかけることに築き、喫煙所のみで吸うことに決めました。しかし、その喫煙所でも灰皿が設けられているのにも関わらず、たばこの灰を地面に落とす人もいれば、たばこをその場に捨てる人も見受けられます。こういった現状から禁煙の波が広がり制限を設けられるのは仕方のないことかと思います。しかし、たばこを吸いたい人も多いことは確かです。各々がルールを守り、吸ってはいけない場所以外で吸うことや吸い殻の処理など、小さなことを守るだけで喫煙できる場所を確保することができると思います。そのために、まずは自分がルールを守らなければと思いました。また、今このようなニュースが頻繁に行われ、自ら改めて考えたところ、煙(副流煙)の配慮ができていなかったことに気が付きました。

これから、政府がどう動くかは分かりませんが、私はたばこの煙までを考えてたばこを吸い、我慢しなければならない場面では我慢しようと考えています。キャッシング 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です