消費者金融でデメリットを作ってしまう

s-20120721191931139279お金が無いから助けて貰う為に消費者金融業で借入をしたつもりが、その借りやすさや便利さに、知らず知らずの内に誘導されて借りすぎてしまって困った事があります。

誰も誘導するような指図なんかは、していないのですが、そんなシステムなのです。それは、例えば初めての借入の時には30万が限度額で契約したとしても、毎月ちゃんと返済をするので、その信用性を買って限度額が引き上げてくれるシステムがあるのです。

これは消費者金融業と全く始めての取引で、書類のみでは人は図れないので、一旦契約してみて、きちんとしたちゃんとした人だなっと消費者金融業が認めるのです。

そして、信頼が生まれたので、融資額を引き上げてもまたこの先にちゃんと返してくれるであろうと言う信用貸しのようなものが出来るのです。

利用限度額の枠が上がる連絡は電話やメールなので届きますが、枠が上がれば、誰だって、もうちょっと借りれるわっと喜びます。

それでついつい使いやすくて使い込みをしてしまうのです。消費者金融業は使い込みをして返済が滞るまで借入して下さいっとは一言も言ってはいないのですが、カードを使ってあっとこっちのATMで引き出せるので非常に借り易くて便利なので、自ら使い込みをしてしまうのです。

消費者金融業は、便利さがあるがゆえに、自分で借りすぎるっと言うデメリットを作ってしまいがちになると思うのです。

甘いから優しいから便利だからと言う所には、皆が寄っていきやすいのと同じだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です