行動を起こすまでの勇気

 私は先日、国会の前で行われた安保法案に反対するデモに参加してきました。当初学生たちが組織しているデモに参加しようと思いましたが日にちが合わなかったので、土曜日の昼間に行われている方へ、参加してきました。

 私は特別な思想を持っているわけではありませんが、万が一のことを考えて、このまま黙っているわけにはいかないとの思いからその場へ行ってみることを決意しました。

 安保法案に関しては、反対に対する反対も多いの現状です。だったら中国に攻められら時にどうするんだ?とかアメリカだっていつまでも日本を守ってくれるわけじゃないだとか、そういった話を聞きますが、一番注意しなければならないのは戦前の日本がどういう状況に置かれていたのか?ということです。

 欧米の帝国主義に感化され、富国強兵をモットーに日本も中国へと侵略をはじめましたが、それが行き過ぎてアメリカやイギリスから日本は睨まれるようになり、その後太平洋戦争へと発展していったのです。もちろん、現在の日本と世界との関係は、当時とは全く違うと言うことはできますが、本当にこのまま、中韓が悪者でアメリカだけがお友達な状態を続けていって、世界は平和になるのでしょうか?いつかまた、あの時のようにアメリカによってハシゴを外されることに、本当にならないと言い切れるのでしょうか?

 そう考えたときに、今のアメリカとの関係が完全にいいものだとは私は思わないので、この法案には反対です。プロミス審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です